尿を酸性に保つ効果や口臭を防ぐ

未分類 0 Comments

クランベリー配合のキャットフードには、尿を酸性に保つキナ酸が含まれています。キナ酸は肝臓に達すると馬尿酸に変化します。この馬尿酸はpHの値を正常に保ってくれるので、尿結石などの発生を防ぐ効果を期待できます。基本的に尿のPHがアルカリに傾くと、マグネシウムが原因で結石を発症する可能性が高くなります。結石は当然人間でも痛みを伴うため、尿結石にかかれば猫に与える負担を大きくなることが予想されます。

動物病院に足を運び、結石を軽減してくれる薬を処方してもらうことができますが、一度なってしまうとすぐに完治するケースは少なく、生活の中で様子を見て治療を行います。こうした事態を未然に防止するために、クランベリー配合のキャットフードで予め対策をしている人も少なくありません。

また、クランベリー配合のキャットフードは口臭を防ぐ働きも期待することができます。その理由はプロアントシアニジンが含まれるからです。猫でも加齢が原因で歯周病になる可能性や、加齢だけでなく歯石が溜まることで歯周病を引き起こす可能性があります。もし、最近愛猫の口臭に違和感を覚える方はクランベリー配合のキャットフードの購入を検討されてみてはいかがでしょうか。